レスポンスコード一覧

HTTPレスポンスコード一覧をまとめました。 詳しくは以下
コード 意味 解説
100番代 情報 実験的なアプリケーションで使用される。
100 continue 継続
101 Switching Protocols プロトコル切り替え中
200番代 成功 リクエスト成功。
200 OK リクエスト成功。
201 Created リクエストが処理され、新規のリソースが作成された。
202 Accepted リクエストが受け付けられたが、処理が終了していない。
203 Non-Authoritative Information 認定されない情報(非認定情報)
204 No Content リクエストを実行したが、クライアントに返すデータが無い。
205 Reset Content リクエストのリセット
300番台 リダイレクション リクエストを満足するには、ユーザーエージェント(クライアント)が追加のアクションを行なわなければならない。
300 Multiple Choices 要求されたリソースは1つ以上のURLで実行可能。
301 Moved Permanently 要求されたりソースは新しいURLに移動。
302 Moved Temporarily 要求されたりソースは一時的に新しいURLに移動。
303 See Other 現在では既に意味を持たない
304 Not Modified そのリソースは指定された日時以降に変更されていない。
305 Use Proxy プロキシー使用時のに観覧可
400番代 クライアントエラー クライアントがエラーを起こした。
400 Bad Request 文法が違うため、リクエストを解釈・実行できなかった。
401 Unauthorized このリクエストがユーザ認証が必要。
402 Payment Required 課金を要求。有料ページ
403 Forbidden アクセスが許可されていない。
404 Not Found 指定されたアドレスが間違っている。
405 Method Not Allowed 禁止メソッド
406 Not Acceptable 受諾不可
407 Proxy Authentication Required プロキシーサーバーへの認証失敗。プロキシーのIDとPassが必要
408 Request Time-out リクエストのタイムアウト
409 Conflict コンフリクト
410 Gone 削除されている。行方不明
411 Length Required 長さの要求
412 Precondition Failed 事前条件の失敗
413 Request Entity Too Large 大きすぎる要求
414 Request-URI Too Large 長すぎる要求URL
415 Unsupported Media Type サポートしていないメディア
500番台 サーバーエラー サーバーが自分のエラーを検知した。
500 Internal Server Error 予期せぬ原因でサーバーがリクエストを実行できない。内部エラーかミスコンフィグレーション。CGIの記述ミス時に発生。
501 Not Implemented リクエストを実行する機能をサーバーはサポートしていない。
502 Bad Gateway ゲートウェイ,もしくはプロキシとして動作しているサーバーが無効なレスポンスを受け取った。
503 Service Unavailable 過負荷やメンテナンスのためサーバーは一時的にリクエストを実行できない。
504 Gateway Time-out プロキシーのタイムアウト
505 HTTP Version not supported サポートしていないhttpバージョン

このブログを書いてる人

Te2 名前 Te2
現在地 大阪
自己紹介 広告デザイナで遊ぶの大好きで食べるの大好きで運動も好きで楽器を演奏するのも好きで本を読むのも好きで写真撮るのも好き。▼出身は長崎県で第二の故郷は香川県で現在は大阪。
tumblrfollow me!flickrこのブログのRSSフィードを取得

カコログ

移行前の過去のコンテンツはこちら

月別 アーカイブ