話が大きくなるとどうなるんだろう?

その1:自転車の撤去
都心部にお住まいの方なら誰しも一度は自転車を撤去され、悔しい思いをしたことがあると思います。
思い付いたんですけどね、例えばテレビって捨てるのにお金かかるじゃないですか。
自転車にテレビをくくりつけて置いてあったらそれは撤去するんでしょうか?
撤去するのであれば、今度から粗大ゴミが出たら自転車に全部くくりつけて駅前に置いておくことにします。
撤去しないのであれば、絶対撤去されない自転車の完成ですよ。
あくまで駐輪なので不法投棄ではないと主張しますよ。

それとも、テレビを自転車から外して撤去ですかね?
そうなると、撤去作業員がテレビを投棄したことになりますね。

うむぅ。イケそうな感じが。。。


その2:犯行予告の話
「明日、世界を征服します。」
とか、
「明日、全宇宙を武力制圧します。」
とか、話を大きく書くと逮捕されないですね。

いやむしろ逮捕して欲しいのですが。。。

まとめ:
つまり話が大きくなると、
想定の外側に出ちゃうので既存のルールでは縛られなくなりますね。
話がどんどん大きくなるとそこには自由がありますね。
こう書くと、青臭い歌詞の一節みたいですね。

このブログを書いてる人

Te2 名前 Te2
現在地 大阪
自己紹介 広告デザイナで遊ぶの大好きで食べるの大好きで運動も好きで楽器を演奏するのも好きで本を読むのも好きで写真撮るのも好き。▼出身は長崎県で第二の故郷は香川県で現在は大阪。
tumblrfollow me!flickrこのブログのRSSフィードを取得

カコログ

移行前の過去のコンテンツはこちら

月別 アーカイブ