何故、男性用下着の広告はゲイっぽいのか?

常々、疑問に思ってた謎がようやく解けました。

アルマーニやD&Gやその他多くの小洒落たブランドの半裸でイチモツを強調した下着の広告を見る度に、

こんな気色の悪い広告に世の中の男性達の多くは心奪われ、「こういう風になりたい!」と切望して下着を購入するからこんなゲイ広告が氾濫するのか、なんとも不思議な世の中になったものだなぁ。。。

と不思議に思っていました。

こちらの記事によると、イギリスのデパートが男性用下着の購入に関しての顧客調査を行ったところ驚くべき結果が明らかになりました。

・男性は生涯のうちのわずか17年間しか自分自身で下着を購入していない。
・数年の差こそあれほとんどの人が生まれてから高校を卒業するまでは母親に選んでもらい、結婚して数年すると奥さんに選んでもらっている。

男性の平均年齢を80才とするならば、男性は生涯の80%を女性に下着を選んでもらっていると言うことです。言い換えるなら、流通している男性用下着の80%は女性が購入していると言うことなんですね。

なるほど、それならゲイ広告というのも納得がいきます。
女性が見て印象の良い広告を作れば「男性用下着」が売れるという訳なんですね。

つまりは、ゲイっぽい雰囲気を醸し出していれば女性に選ばれると言うことなのではないでしょうかッ!?
みなさんの参考になるように以下にゲイっぽい雰囲気を出してイチモツを強調したポーズの参考例を貼り付けておきますね。


変態仮面

一体誰が得をするのか?男性用下着の広告がやたらセクシーな理由が明らかに - GIGAZINE

このブログを書いてる人

Te2 名前 Te2
現在地 大阪
自己紹介 広告デザイナで遊ぶの大好きで食べるの大好きで運動も好きで楽器を演奏するのも好きで本を読むのも好きで写真撮るのも好き。▼出身は長崎県で第二の故郷は香川県で現在は大阪。
tumblrfollow me!flickrこのブログのRSSフィードを取得

カコログ

移行前の過去のコンテンツはこちら

月別 アーカイブ