インフォームド・コンセント。

◆みなさんも、インフォームド・コンセントと言う言葉を聴いたことがあると思います。簡単に言ってしまえば、『アナタはガンです。ですから、こういう治療をします。考えられる危険性はこう言ったことがあります。』と言った説明を患者が医者に対して求める権利のことです。

 で。

 先日、15年ぶりに歯医者に行きました。
 別に歯医者嫌いとかではないですよ。
 いい大人ですから、痛いのなんかガマンすれば良いだけの話だと思ってます。死ぬ訳じゃないんだし。
 ただ単に、虫歯がないので行く必要がなかっただけです。
 歯の詰め物が取れたので、それを付けてもらうためだけに行ったのです。

 が、レントゲンを撮られまして、、、


 『歯と歯の間の見えない部分に数カ所虫歯が見られます。一カ所は外からは分かりませんがかなり進行している虫歯がありますのでこれは治療しないといけませんね。』

 と、言われまして、続けて

 『おそらく、この進行具合から言いますと、麻酔を使ってかなり削る事になりますので、覚悟して下さい。』

 なんて事を言われました。
 コワイじゃないですか。
 いい大人ですけど、やっぱり痛いモノは痛い。
 出来れば痛い思いはしたくない。
 やだなぁ、、、なんて考えてましたら、

 『次回の治療から本格的にやっていきますので、都合の良い日を教えていただけますか?』

 と、言われました。
 とってもとっても怖いので、

 「2週間後で、、、」とお願いしました。
 患者のためと言われるインフォームド・コンセントも善し悪しがあるような気がします。
 だって歯医者怖いじゃん。

このブログを書いてる人

Te2 名前 Te2
現在地 大阪
自己紹介 広告デザイナで遊ぶの大好きで食べるの大好きで運動も好きで楽器を演奏するのも好きで本を読むのも好きで写真撮るのも好き。▼出身は長崎県で第二の故郷は香川県で現在は大阪。
tumblrfollow me!flickrこのブログのRSSフィードを取得

カコログ

移行前の過去のコンテンツはこちら

月別 アーカイブ