ホタル

これはホタルの光を「芸術的に」撮影してみようと頑張った記録である。
そして、頑張りきれなかった記録でもある。

■2009年6月19日(金)
仕事が終わり、家に帰り夕食をとった後。
「ちょっと、、、奈良の山奥まで出かけてくるわ。」
『何しに?』
「ホタルを撮影しに。」
『なんで?』
「撮りたいから」
『(なんだそりゃ的な顔をされながら)気をつけて行ってきてね』

10時に出発し、11時30分には奈良県宇陀市室生区へ到着。
ここを選んだ理由は有名スポットで一番近かったから。

いざ撮影をしよう!
と思って見渡しても、ホタル数えるほどしかいないし、シーズンが違うのか、ロケーションが違うのかと不安になってくる。
「ケータイで調べてみよう、、、って圏外かよッ!!」

とりあえず撮影してみるかと言うことで真っ暗な闇に向かってカメラを構える。
「暗すぎてピントが合わん!!」

で、撮った写真。
心眼で見ればホタルが見えます。

結局、夜明まで真っ暗な沢をホタルを探して歩き続けるも何も成果なくションボリ帰宅。

『( ゜Д゜)ゴルァ。いつまでも圏外で朝帰りってどこ行っとったんじゃー!!!』
「すいません。すいません」
『当分、外出禁止!!』
「トホー」

何も成果もなくただ徹夜で山歩きして奥さんに怒られただけでした。

■2009年6月27日(土)
「えーっと。もう一回奈良の山奥行ってきます!!ちゃんと連絡します!夜のうちに帰ってきます!!」
『しゃーないなーぁ。。。』

18時に出発し現地には19時30分に到着。
現場はまだ明るいので沢も歩きやすい。
明るい内にカメラをセットしてピントを合わせておく。

待つこと2時間。

飛んでる飛んでる、、、って少ないやんけ。

ホタルが乱舞してる様を撮影したかったのになかなか思ったように撮影できない。
結局この日もションボリして(ちゃんと日付が変わる前に)帰宅。

ちなみにちなみに、私が選んだロケは誰もいませんでしたが、
ちょっと離れた場所では腐るほどのカップルがおりました。

上手いこと撮れたホタルの写真があったら教えて下さい。
やっぱ人の写真見て勉強しないとダメだわ。


大きな写真はこちら:
http://www.flickr.com/photos/26691189@N05/3666838498/sizes/l/

このブログを書いてる人

Te2 名前 Te2
現在地 大阪
自己紹介 広告デザイナで遊ぶの大好きで食べるの大好きで運動も好きで楽器を演奏するのも好きで本を読むのも好きで写真撮るのも好き。▼出身は長崎県で第二の故郷は香川県で現在は大阪。
tumblrfollow me!flickrこのブログのRSSフィードを取得

カコログ

移行前の過去のコンテンツはこちら

月別 アーカイブ